ちーくんだけどアームストロング砲

能力評価では、自分の看護師としての能力が、どんな段階にあるかがわかります。近年ではだいぶ行なう病院が増えてきました。個人ごとの能力を評価することを可能にするため、きちんとした評価基準を作っているところも多いです。この評価は、病院により月一のこともあれば、年に一度だけ、という病院もあるようです。こうして定期的にどう評価されているか知ると、今の自分がどんな段階にあるかを知ると同時に、不足していることが何かを知ることができ、仕事に対してより真剣さが増すということもあるでしょう。医療機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば12時間交代の2交代制、8時間交代の3交代制によってみんなが夜勤を務めます。夜勤中の業務については、日勤の場合と比べると人手がだいぶ減ってしまい、それなのに、夜半に容態が急変した重体患者が出たりなど、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。もちろん通常業務もおろそかにできませんから、結果として夜勤の作業量は、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。初めての病院で新人の看護師として働こうとする時に、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、ほぼ希望を通してくれる場合もあり、また、人事担当者の考え次第で確定されたりすることもありそうです。全く意外なところに配属されたら慌てますが、しかしそれも、その場所にその人が最適だという判定から、充分に考えられた配属であることが殆どです。ですがもし、配属先での仕事があまりにも自分向きでない、など疑問に思うのなら、上司にそれを伝えて、相談してみることもできます。すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。これにより、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、看護師は忙しくなるばかりです。その労働環境は厳しく、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、過労死という痛ましい結果になった看護師もいます。たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、病院を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、高齢化社会のつけを看護師が一身に引き受けるような形にもなっています。業務の多さ、責任の重さ、なによりその忙しさにより、看護師の仕事はかなり厳しいものですから、しんどさを覚える場面も多いはずです。勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、多くの看護師が自然な生活のサイクルを失い、これを続けていることで調子を崩してしまっても、なんら不思議ではありません。ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないと当然のように疲れを蓄積していき、とうとう、腰痛などを起こしてしまったりします。そして、ようやく「少し無理をしているのかも」などと実感してしまうことはあります。看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される看護師は常に人手を探しているところもある程、需要の多い職業です。ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、丹念に当たってみるなら、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。近年においては、ウェブ上のサービスとして求人サイト、それも看護師専門のものがかなりの数があるのです。なので、活用しつつ、自分にぴったりの仕事先を見つけることができるといいですね。看護婦はハードな仕事と言われていますが、必要とされる度合いがとても高いですし、意義の感じられる仕事です。入院施設のある病院でしたら当然、夜間も稼働していますから、看護師も病院に24時間いることになり、どこの病院でも日勤、夜勤と交代制を採っています。他の交代制のお仕事と同様、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないとうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。なんといっても、看護師という職業はお給料に関しては他のいろいろな仕事と比較すると高い場合が多いです。だから、というわけではないかもしれませんが、着飾った人が多く見受けられます。ですが、とにかく忙しいです。ほとんど休めない様な病院もあって、お金を使う時間がなく貯まるばかりといったケースもよくあるみたいです。収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのがベストな形だと思います。学校を卒業したばかりの新人ですとか、転職によって新しく働きだした看護師に、労働に見合うだけの残業手当がきちんともらえないケースがあります。残業代の未払いは、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せず労働に関する法律に、明らかに違反しています。勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、せっかく働いたのならその時間分、対価をもらう権利があります。どういった場合に、看護師がもっとも仕事のやりがいを感じるかといいますと、患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、後日、病院まで訪ねてくれて、挨拶をしてくれるような時です。それから、患者さんの家族の人たちにとても喜んでもらえた時など、しみじみとやりがいを感じられます。夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある看護師の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、退職したいと願ってしまうでしょう。改めて言うまでもなく、医療関係の代表職である医師と看護師ですが、二つの職業の差異はどこにあるのでしょう。はっきりした違いは、医師は患者さんの診察と治療、健康を維持するためのアドバイスをしたりそのために必要な薬の処方を行うといったことが仕事です。その一方、看護師さんの行うことはといえば、医師に指示されたときに、診療時に医師の補助を行って、患者さんの医療的、心理的援助を行うといった仕事内容になります。看護師を志したのは職業体験というものが中学の時にあって介護施設を訪問し、そこでの看護師さんの働きぶりを見て感銘を受けたのが事の始まりでした。将来は、あんな職業をしたいと思って看護学校に行くことを決め、現在は看護師として勤務する毎日です。大変なこともあるのですが、充実した日々を過ごしています。今以上に自分の看護師としてのスキルを上げたいと希望するなら、それは看護師としてのキャリアを積んでいくしかありません。事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといったことは、看護師という仕事柄あり得ません。なので、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。そうした中、「看護師としてもっと上を目指したい」という理由で転職を希望する場合があります。規模の大きい病院に移って技術を吸収したいと希望する、チャレンジ精神からきた動機です。皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、医療の仕事を行う人々というのはより必要性が高まると考えられています。したがって、既に不足している看護師なのですが、しばらくの間はこの状態のままだろうと予想がつきます。毎年毎年、絶えることなく新たな看護師が世に生み出されているはずなのに、それでも看護師が足りていないのは改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが一つの理由といえるでしょう。看護師は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。自身の結婚、出産あるいは転居などその人の都合で職場を変えることもありますが、転職する人の中には、看護師としてもっとスキルを磨きたいがために、転職を望む場合も少なくありません。そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。そうでなければ転職そのものが危ぶまれます。例として、今いる職場では遭遇することない症例を体験したい、設備の揃った総合病院で、最先端の看護を学びたい、などなど志望動機のアグレッシブさをアピールできると良いかもしれません。高い給料をもらっている看護師でも、もっと収入を得たいと考えて、Wワークに挑む人もいます。専門職の強みでもありますが、資格さえあれば、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアーナースなど短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。ただ、本業の医療機関において看護師のWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、その前に本業での看護師の仕事自体が、相当ハードなものとあって、体に無理をさせてまで副業をするのは、決しておすすめ致しません。看護師として働いて、もう数年になります。それで、ちょっと気になることがあって、看護師というのは喫煙者が多く、また、アルコールを好む人も多いのです。さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、看護師の喫煙率も多少減ってはいるようです。でも、別の業界と比べてみたら、きっとまだまだ高い喫煙率を示すでしょう。そして、飲み会などでみかける、看護師たちの酔っ払い方は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、なるべく発散できるといいな、と思いはするのですが、身体にはくれぐれも気をつけてほしいところです。他の仕事と違い、看護師が職場で勤務する時間というのは、結構、融通の利く部分があります。他のスタッフとの兼ね合い、つまりシフトの状態に左右されますが、休暇を時間単位で取ることもできますから、園児や小学生などの母親をしながらであっても無理のない働き方が可能である、と思えるようです。子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、ともあれ働き続けていられるということは、看護師という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。今、私は病院事務の仕事をしています。普段、看護師さんと仕事中に話すような機会はほぼありませんが毎日お忙しそうにしていますね。特に家庭のある方は、夜勤もしながらの育児はハードだと思います。でも、私が思ったよりも「うまくやられているんだな」と忘年会の時に感じました。お子さん同伴での看護師さんの参加が少なからずいらっしゃるんです。先生達も、歓迎している様子でしたし、アットホームな雰囲気でした。人間関係について言えば、看護師の世界は最悪に近いといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。俗に、女性は仲間うちでグループを作りやすいと言います。それは協調性の高さの表われでもありますが、そうやって顔を合わせると、誰かの噂話に興じたりするなど、女の人が多い職場であれば、こうしたことはよく起こっているのでしょう。慣れていないと、そんな環境にいい加減、疲れてしまうかもしれません。でも、そうなってしまうのも、女性の多い環境ならではのことだと織り込みつつ、人間関係を築いていきましょう。夜勤をこなす必要があって、看護師の仕事は勤務の形が少々不規則です。働いた分の休みはちゃんとありますが、大変であることは間違いなく、結婚や出産を機に退職を決意するケースが大勢いる、というのが現実です。結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、24時間いつでも保育を引き受けてくれるような預け先がない場合はそもそも夜勤などはできないものです。とは言え、近年においてはもう一度看護師として働くことを希望する人も増加傾向にあり、ブランクはあれど経験者ですから、期待されています。病院での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。そして、病棟勤務とは違って、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。外来勤務が忙しくなるかどうかは、病院による部分もありますが、人気のある診療科や医師のいるところではたくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかはどの診療科で働いているか、どういう病院かによって大きく違ってくるはずです。業務を交代制で進めていく中での極めて大事な仕事の一つとして、申し送りというものが必要になります。担当している患者さんの変化や状態、その他の情報や、追加されたり改められたりした諸々の伝達事項を勤務終わりの人が勤務始めの人に報告するというものです。患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に行うようにしましょう。業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量も重要な点になるでしょう。一口に看護師の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。という訳で、例えば病棟勤務をこなしてきた人なら、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。そして、もし何か得意な技能があることを、採用される際に伝えておけば、得意なことを最も活かすことができる場所で働けるようになるはずです。ですから例えば「夜勤が平気で気にしない」という場合は、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、きちんと自らの希望は伝えておくのが良いでしょう。看護のスペシャリスト、看護師になろうとする場合、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。国家試験については、受けた人の9割が毎年合格を果たしていまして、まじめに勉強していた学生にしてみると、そう難度の高いものではないということです。そして、看護師を育てる専門機関は看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる看護大学に進学を希望する人の数が増えてきたようです。病院などで看護師という仕事に就いていると、もちろん辞めたくなることも少なからずあることと思います。重要な仕事で失敗してしまったり患者さんとのコミュニケーションが上手くいかないこともあります。しかし、嬉しいことや、この仕事でずっと働きたいという風に思う日も多いです。時に厳しく、時に優しい諸先輩方。周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている看護師は多いですし、増えてもいます。そんな風に、戻ってこられるかどうかは辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。よくあるのは転居や結婚を理由に辞めたり、他には出産や育児をするために辞めた、などであるなら、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。こうした形で復職する看護師は、確実に増えています。諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして出戻ってくる人もよく見られます。職場を移りたい、と考える看護師は意外なほど多いようです。どこの医療機関でも、看護師は人手不足になりがちで、そういう訳ですから、求人数は安定して多めです。今、働いている仕事場ではハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、人が少なすぎて全然休むことができない、というように、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、できれば給料とか労働条件だけではなくて、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。毎日、看護師として頑張っている中、つらいこと、大変なこともあります。そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。一概には言えないものの、割合に楽できるかもしれないと考えられている病棟は、辛い残業がほとんどない、という点で眼科、精神科、皮膚科や整形外科あたりのようです。ところが、専門性の高さですとか、どんな症状の患者さんが多くいるのかなどによっても、業務のハードさについては差があります。看護師の収入については、労働者全般と比べると、年間を通した平均収入の額ですと確実に、看護師の方が上回るといいます。看護師不足に陥っている医療機関は少なくはなく一定数以上の需要が常に見込まれるので、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの大きなメリットがあるといえます。ただ、良い面ばかりではありません。高給取りなのは間違いありませんが、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、その労働環境を見ると、劣悪とまではいきませんが、少なくとも良好ではないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です