スコティッシュフォールドのはるちゃん

大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な看護師という仕事ですが、その一方で困難もまた様々なのです。挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。そして、勤務時間の問題もあります。24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、なにしろ医療に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。それらを承知の上でなお、看護師になろうと目指そうとする人が大勢いるというのは、そういった面をプラスマイナスゼロにしてもいいと思えるくらいに意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。病院では、看護師が一日中途切れないよう、交代制という形の勤務になりますが、そのため、多くの病院では、申し送りを行っています。患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、看護の業務に必要な諸々についてこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて説明を行います。大事な情報が含まれますから、相手が理解できるよう話す努力が必要です。申し送りは、素早くスムーズに行うことも大事なことになります。看護師になって最初に勤めた病院では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。その時、このまま看護師を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には看護師しかないようなので、別の病院で働こう、と転職を心に決めました。そう決めたまではいいのですが、履歴書をどう書けばいいのやら、悩みました。検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、ちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことが理解できて、いい勉強になったと思っています。二年ほど前から、病院事務として勤務しております。看護師さんとは正直、仕事中にはあまりかかわりがないのですがどの方もいつもせわしなく働かれています。特に家庭のある方は、夜勤もしながらの育児はハードだと思います。でも、私が思ったよりも忘年会の時に、うまく対処されているなと感じたのが、看護師さんの中で、子連れで来ている方が少なくないんですよね。先生方も笑顔で、和やかで楽しい会となりました。看護師といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、忙しさのあまりに看護師の寿命は特別に短い、といった事実はなさそうです。ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、強いストレスを感じることはよくあります。ところで看護師であるからには、自然にそれなりの知識もついてきますから、医師の患者に下す診断内容を推測してみたり、自身の身体に関しても今の状態を把握しやすくなるようです。病棟勤務の看護師は2交代制や、あるいは3交代制の形で誰もが夜勤を経験します。夜勤においては医師と看護師も含め、人員がだいぶいなくなり、そんな状態で夜間に容態が急変した重体患者が出たりなど、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。もちろん通常業務もおろそかにできませんから、結果として夜勤の作業量は、大体いつも、日勤より多くなるようです。病院での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。また、病棟勤務と違い、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。夜勤もありません。忙しさの度合いについては、病院によっても違いますが、人気の医師のところなどでは、たくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。身につけたいスキルについても病院や、診療科によっても違います。業務の多さ、責任の重さ、なによりその忙しさにより、看護師の仕事はかなり厳しいものですから、やり辛さを感じることがあっても、おかしくありません。夜勤を前提とした二交代制、三交代制の勤務形態もあり、看護師の多くは、生活のリズムを大きく狂わせ、これを続けていることで調子を崩してしまっても、なんら不思議ではありません。立ち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければ当然のように疲れを蓄積していき、腰痛や頭痛に苦しむことになり、身体に無理をさせているのかも、と実感してしまうことはあります。医師の仕事と看護師の仕事の間の、二つの間には大きな違いがあります。明らかな違いといえば、原則として、医師に課せられているのは患者さんの診察と治療、病気をいかにして予防するかを助言したり、必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。それに対して、看護師は、お医者さんに従い、診療面で医師の補助をしたり、患者さんのケアをするということが中心です。看護師の資格というものは日本の法律ではどういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。看護師の医療行為というものは実は認められていないのですが、処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。ただ、急変時や、緊急事態には、場数を踏んでいる看護師であれば、若干の医療的行為は許可されてもいいのではないかと考えています。看護師と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、看護師がいなければ病院内で仕事が回らないほどであり、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。24時間いつでも稼働している病院が職場ですから、看護師も24時間、とぎれなく勤務します。そういう訳で、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、交代しながら働く形になります。他の交代制のお仕事と同様、上手に生活のメリハリをつけないとうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。常日頃、看護師とて奮闘していて、大変な目にあったりもします。楽ができる病棟はどこだろう、と真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。一概には言えないものの、割合に楽できるかもしれないと考えられている病棟は、辛い残業がほとんどない、という点で眼科、精神科、皮膚科や整形外科あたりのようです。しかしながら、医療機関の種類や、症状がどれくらの患者さんを受け入れる病院なのかにより、仕事の内容は全く変わってきます。数年ほど、看護師として働いているのですが、気がついたことと言えば、看護師は喫煙者である割合がとても高く、また、飲酒の習慣を持つ人も多いようです。タバコが有害という認識が広まったこともあって、看護師の喫煙率も多少減ってはいるようです。でも、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方はまあ、お察しの通りです。ちなみに酒豪が多いです。そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。ただ、健康には気をつけてほしいです。事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい看護師の能力評価ですが、最近ではこれを行っている病院は多いです。ちゃんと個人個人の能力について測り、評価できるように、指標をはじめから作っていったところもあります。能力評価は、月々に行なう所や、一年に一度だけということもあります。こうして定期的にどう評価されているか知ると、以前と比べて良くなった点、次回に上げたい評価項目などを決めて仕事に反映させることができますから、高いモチベーションを保てます。オン、オフの期間を調整できて、したい仕事をかなり自由に選択可能、というのが常勤ではなく、派遣という働き方を選んだ場合に得られるメリットです。勤務形態はいろいろあり、単発の仕事、短期の仕事、長期で働ける方歓迎、というものもあって都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、看護師の仕事を探しているのであれば条件を選べる看護師派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて求職活動をしてみてはいかがでしょうか。看護士と看護師、発音は当然同じですが、漢字で表現した場合、こうして二種の字で表せます。昔は男性のことを表すのは看護士、女性を表すのは看護婦という風にはっきりと分けられていたのです。法律が変更された2001年を境に、男女分け隔てなく使用できる「看護師」として一元化しました。職場において、仕事のできる看護師を目指すには、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といった生やさしいものではありません。ですから、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。人によっては、看護師としてのレベルをもっと上げたい、として別の仕事先を探す人も一定数います。大学病院など、高度な医療を行なうところで技術を吸収したいと希望する、意義のある職場変更と言えるでしょう。入院できるような大きい病院の看護師の仕事内容は、外来勤務と病棟勤務で大きく違ってきます。そういうこともあって、最初に病棟で勤務を経験したら、次の職場でも病棟勤務、というのはよくある話です。または、何か得意な技能を持っているのであれば、それを採用面接で言っておくことで、そういった得意な事を最大限生かすことが可能になる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。ですから例えば「夜勤が平気で気にしない」という場合は、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。免許が必要な専門職である看護師は常に人手を探しているところもある程、需要の多い職業です。なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。しかも、丁寧に探してみれば、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。近年においては、ウェブ上のサービスとして看護師を対象とした転職、求人を扱うサイトなども豊富にあるようですので、そういったところを利用して自分にぴったりの仕事先を見つけることができるといいですね。新卒で勤め始めた新人看護師や、別の医療機関から転職してきたばかりの看護師に多いのですが、残業したことによって支払われるべき給金がきちんともらえないケースがあります。賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せず法律に違反しており、罰金や懲役の対象となります。就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、こなした分はしっかり、報酬を得なくてはなりません。業界用語というものは、どこの業界にもあり、もちろん看護師の世界にも存在します。例えば、「エッセン」というものがありますが、なんだかおわかりでしょうか。この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、仲間うちだけに伝わるようにしたものでどこでもよく通用します。そもそもエッセンとは、というと、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、それが今まで細々と生き残って今でも便利な言葉として、看護師の皆さんに使われています。収入に関しては、看護師は高給取りではありますが、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。専門職の強みでもありますが、資格さえあれば、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというような単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。とはいっても、メインで勤務している職場が副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。そして、何と言っても、看護師の仕事そのものが大変な激務なので、体に無理をさせてまで副業をするのは、決しておすすめ致しません。私が看護師になった理由は中学での職業体験でのことでした。体験先の介護施設の看護師の方に感銘を受けたのがきっかけとなりました。将来的にはあんな職業をしたいと考えたことが端緒となり看護学校に行くことを決め、現在は看護師として勤務する毎日です。辛くなってしまうようなことだってあるのですが、看護師になってよかったです。24時間対応が求められることの多い、看護師という仕事の勤務時間についてですが、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。勤務表、つまりシフト次第ではありますが、休暇を時間単位で取ることもできますから、子育てと両立させながらそれ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。しかし、ともあれ働き続けていられるということは、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。なお他業種同様、8時間勤務が基本です。看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。ハードな通常業務だけでなく、決められた労働時間以外の業務もあったりして残業を強いられることがままあります。とはいえ、多忙を極めていてくたびれている時でも常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。少し前まで愚痴を言っていたような人が突然笑顔になるのです。考えようによっては看護師は女優みたいなものだと思います。働きながら妊娠したら、看護師として特に注意するべきは、まず、胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。エックス線撮影やCTなど放射線を利用する検査の際、そこに居合わせることもよくありますから、慎重に行動してください。薬品についても薬品に触れることは大変に多い訳ですし、注意するべきでしょう。また、立ち仕事をはじめ、何かと忙しく無理をしやすい仕事なので、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。必ず適度な休憩を取るようにします。一昔も二昔も前の話になりますが、労働環境のあまり良くないきつめの肉体労働、という風に看護師という仕事は人々に捉えられていたようです。でも、今現在においては、困難さがあるのは職業柄当然として、看護師はそれに相当する給金の獲得が可能である専門職であることが、よく知られるようになっております。その給料についてわかりやすい例を挙げると、女性が筆頭の稼ぎ頭となって、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。こうしてみるとよくわかりますね。看護師は高給を得られる仕事であるのは確実です。正社員として働く看護師もいれば、パート勤務を選ぶ看護師もいます。正社員の場合は月給制で、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。その時給ですがこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが相場のようです。単にパートの時給としてみると良い時給なのかもしれません。しかし、医療機関で働く専門職ですし、常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、金額的に少々不満です。看護師は他人の健康や時には生命に関わる仕事であり、片時も気を抜くことはできないでしょうし、そうしたことにより自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、心にも大きな負担がかかるということになります。そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを知っているかどうかということは、看護師であり続けるためには重要視した方が良いようです。最近では男性も増えていますが、女性が看護師として働いた場合、その他の職業と比べて待遇がいいのも事実です。そういったことが起因しているかは定かではありませんが、洋服に気合いが入った人が少なくありません。ですが、とにかく忙しいです。病院によって違いますが、ほとんど休みのないこともあり、金銭的に浪費する時間的余裕もなくて、貯金が増える一方だと耳にすることがあります。給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのが最も理想的であろうと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です