嶋のオデッサバルブ

AGAは、「メンズカテゴリー抜毛症」と呼ばれる病だ。こういう名から判断すると、男性に特有の薄毛なのかな、と見まがう人も多いでしょう。しかし実際には、AGAは女性にも行き渡る薄毛の症状だ。その原因は長々考えられますが、妻の世間拡散も明々白々になり、妻の慣例が、AGAを発症しやすいメンズのそれに似通ってきたというのがその関係と考えられています。

とはいえ、AGAの案件、最も「女性が発症しないことはないけれど、さすが男性に圧倒的に多い薄毛」という持論で間違いありません。ただ、おんなじAGAであっても、配列によっては、そこそこ妻の発症比率が高いと考えられている症状もあります。その代表的な薄毛が、いわゆる「こめかみはげ」と呼ばれる症状だ。

女性に多いとは言っても、「メンズカテゴリー抜毛症」ですから、男性にもこういう「こめかみはげ」の症状がみられます。こういう部類の薄毛は、そのニックネームのまま、「こめかみのところが薄毛に襲われる」といった症状になります。

AGAは、多くはメンズホルモンが悪さをして、薄毛を惹起講じるというメカニズムになりやすいですが、こういう「こめかみはげ」を発症した妻の発症原因は、メンズホルモンではなく、「妻ホルモンの不都合」であると考えられています。

やはりメンズの体躯に現れる事態の多くが、メンズホルモンの営みによるものであり、同じように妻の体躯に生まれる事態の多くが妻ホルモンの営みに因るということになりますから、メンズのAGAの場合はメンズホルモンが、そして、こめかみはげであろうとそうでなかろうと、女性が発症するAGAの多くが、妻ホルモンの影響であると考えられます。

こめかみはげの案件、男性は断然遺伝や慣例の不都合が考えられます。メンズホルモンが薄毛を発症、進行させる営みを持ってしまうのは、いよいよ遺伝や慣例が影響していることが多いと考えられます。

また、妻のこめかみはげの案件、メンズホルモンではなく、妻ホルモンの営みが悪くなってしまうことで発症します。妻ホルモンの営みが悪くなるというケースは、もちろんメンズのときのように、遺伝や慣例の不都合が関係している可能性もありますが、そんなにとは限りません。

妻の案件、予め月経、妊娠、お産など、妻ホルモンの均整が著しくひずみ易い月経事態が多いこともあって、場合によってはこうした「妻特有の不都合」が影響している可能性も考えられます。ですから、こめかみはげに関しては、メンズ以上に妻のほうが、関係が多様であるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です